STAFF

スタッフ紹介

今までの経験を生かしたキャリアアップを目指しませんか。販売員から販売コンサルタントにキャリアアップ!弊社のコンサルタントといっしょに活躍しませんか?

インター・ベル社員インタビュー

矢郷さん

vol.4 矢郷なな美さん

2014年に新卒で入社。関西のゴルフアパレルブランドで働く矢郷さんにインタビューです!

新卒でインター・ベルへの入社を決めた理由はなんですか?

就職活動をする時に、インター・ベルの面接で一番最初の面接が田中さんだったことがとても印象的でした。いきなり社長に面接していただくことは他社の選考ではなかったことなので…。二次面接では一度選考に落ちてしまったのですが、また受けてみたいという気持ちがあり、その気持ちをそのままメールで伝えたところ、もう一度面接をしてくださいました。元々、接客業か教育業界かのどちらかで迷っていたので、2度目のチャンスを与えてくれたこの会社でがんばってみたいと思ったことと、選考の中で相手のことをしっかりと見てくれたことがインター・ベルに決めた理由です。

接客で心がけていることは何ですか?

お客様に“信頼できる”と思ってもらうことです。
表情、声のトーン、知識や情報なども含め、お客様に「この人の話聞いてみようかな」「この人の意見なら参考にしてもいいかな」と思ってもらえるような接客を心掛けています。お客様が安心してお買い物ができるように、良い意味で隙のある販売員でいたいと思います。そして接客の中で会話を楽しんで頂きたいので、よく笑うことも心掛けてます。ゲラなので意識しなくても笑ってしまうのですが…。

現在のお仕事について教えてください。

現在は百貨店の中のゴルフアパレルブランドのお店で勤務しています。近隣のお店も優しいスタッフさんが多く、割とブランド同士の距離が近いということもあってコミュニケーションが取りやすい雰囲気の中で働いています。同じショップのスタッフもインター・ベルのメンバーですが、3人とも見事にバラバラです。 笑
店長は、的確な判断力とお客様を覚える記憶力が本当に素晴らしいですし、一度ご来店されたお客様はほとんど覚えてらっしゃいます。接客の中でも会話を盛り上げ、お客様が満足感だけでなく、楽しいと思える接客をされています。
サブの方は、お客様が安心してお買い物できる、丁寧で柔らかい雰囲気の接客をされています。とにかくお客様のことを考え、長く販売業に携わってきたからこその言葉や気遣いは本当に勉強になります。
外見や性格、考え方もタイプが異なりますが、だからこそお互いの考えを話し合い、それぞれが得意なことで補い合い、団結できていると思います。タイプこそバラバラですが、目標に向かって行動する団結力とチームのバランス力は高いです。
そしてよく笑うチームです!

矢郷さんの《販売員としての強み!》を教えてください。

よく笑顔は褒めて頂きます。
接客が終わると良かった点より反省する点が圧倒的に多いので、強み!と自信を持っていえるものが見つけられていないですね。改めて考えるきっかけになりました。
自分の強みを自覚して、それを伸ばすことが今後の課題ということで…。

インター・ベル社員インタビュー

日比谷さん

vol.3 日比谷理菜さん

2014年入社で現在は一児のママの日比谷理菜さんにインタビューです!

インター・ベルに入社したきっかけを教えてください。

私は、家庭と仕事のバランスを第一に考え就職活動に取り組んでいました。その中で、インター・ベルの採用面接で感じた「従業員を大切にする社風」に心惹かれ入社を決めました。入社後も温かいご指導とサポートに支えられ、家庭でも職場でも充足感に満ちた生活を送れています。

現在のお仕事の状況は?

2015年2月に第一子を出産し、現在育休中です。2016年4月の職場復帰を目指し、今は精一杯育児を楽しんでいます。

産休・育休を取得する際はどのような流れでしたか?

妊娠中の体調を案じた上司から予定より早く休暇に入る提案があり、お言葉に甘えさせて頂きました。また、出産後も復職に向けたサポートのおかげで、育児にとても専念できています。

日比谷さんの「インター・ベルの好きなところ」を教えてください。

ご来店頂いたお客様からの感謝の言葉、クライアントからの感謝の言葉が働きがいになっています。日々、目標を持って業務に取り組むことで常に高いモチベーションを保てるインター・ベルは私にとって理想的な職場です。

最後に、インタビューをご覧の方へメッセージをお願いいたします。

従業員の生活を第一に考えサポートのあるインター・ベルでは、全ての人が安心して長く活躍できる職場環境が整っています。是非、皆さん一緒に楽しく仕事をしましょう!

インター・ベル社員インタビュー

立川さん

vol.2 立川慧さん

東京都内の百貨店勤務の立川さんにインタビューしました。

インター・ベルに入社したきっかけを教えてください!

前職は、最初のアパレルの仕事を辞めて事務のお仕事をしていました。
自分の将来や、やりたいことが見えなくて、一度はアパレルの仕事を辞めたのですが、やっぱり毎日お洋服に囲まれて働けるファッションのお仕事がいちばん楽しいと思って転職しようと思ったタイミングで、インター・ベルを知りました。昨年の8月入社です。
それまでの経験から、入社してすぐ某ブランドの店長として配属になりました。これって他の会社ではなかなかないことですよね。少し不安はありましたが、この経験はインター・ベルでしかできないし、自分の糧になるなと思いました。

販売のお仕事をしていて楽しい時はどんな時ですか?

お客様がわたしのことを覚えてくれて、会いに来てくださる時です。
そしてそういったお客様が増えてくるととても嬉しいし、顧客様作りは楽しいですね。

これまでのお仕事でなにか印象的な出来事があれば教えてください。

立川の店舗に配属だった時に、名前が立川なので「店長の立川です」って言うと覚えてくださるお客様が多かったんです。
異動が決まり、その店舗の最終出勤日に「今日はお店に行かれないけれど、いままでありがとう」とお電話をくださった顧客様がいらっしゃって、寂しかったけどすごく嬉しかったです!わざわざお電話くださったことが本当に嬉しくて、印象に残っています。

立川さんの「インター・ベルの好きなところ」を教えてください。

1つは、上司との距離が近いところです。
最初の会社を辞めた時は、上司が遠い存在でした。大きい会社に入ってしまうと、これからのことを相談したり共感してくれる人ってなかなかいなくて。インター・ベルはみんなが近い距離にいてくれて、相談しやすい環境があります。
もう1つは、同じ館で働いている社員の方が会いに来てくれたり、インター・ベルで働く人同士で団結力があるところです。同じ館で働くインター・ベル社員で食事会をしたり、社員同士すごく仲が良いところが好きです。

将来の夢や目標を教えてください。

アパレル業界で働く若い人たちの夢を育てる仕事がしたいです。
いまはサブのポジションなので、スタッフから悩みを聞く機会が多くて、わたしを頼ってくれるのが嬉しいしとても有り難いなと思います。
昔わたし自身が悩んだ時に相談相手がほしかったように、悩んでいる人の話を聞いて、将来のことを一緒に考えてあげたいし、みんなにアパレル業界で働いていてよかったと思ってもらいたい。
まさに「アパレル業界を元気に!」ではないですが、若い人の中には相談できない環境で思い悩んで辞めちゃう場合が少なからずあるから、それを止めるサイクルをつくっていきたいです。

インター・ベル社員インタビュー

塩野谷さん

vol.1 塩野谷麻衣さん

東京都内のレディースアパレルショップで働く塩野谷さんにインタビューしました。

インター・ベルに入ったきっかけは?

前職は某ファストファッションブランドで働いていました。
思うところあって仕事を辞めた後に、登録していた求人サイト経由で
インター・ベルからスカウトメールが届いて、面接を受けて入社しました。
入社したのは1年ほど前です。

お客様を接客する上で心がけていることはありますか?

お客様個人に合わせた接客をすることです。
以前、先輩にパーソナルな接客をするようにご指摘を受けてから、意識するようになりました。
「家族や友人であれば、これを勧める!」と思うものをお勧めするようにしております。

販売の仕事をしていて楽しいと思う時・辛いと思う時、
それぞれあれば教えてください。

楽しいと思う時は、お客様との会話が盛り上がった時、お買い上げいただけた時、そのお客様が再来店してくださった時です。
辛いと思う時はあまりないのですが、売上を取れないことが続いた時は、何がだめだったのか、これからどうしたら良いのか悩みます。

休日はどんな風に過ごしていますか?

この前の休日は美術館に行ってきました。
レイトショーでゆっくり映画を観たり、家でDVDを観ることもあります。
あとは、お菓子作りが好きで、この前はチーズケーキをつくりました。
アップルパイが大好きなので、いつもパイ生地から作ってますよ。

今後の抱負や目標があれば教えてください。

目標としている先輩がいます。その先輩は接客も作業も丁寧に行う方で、わたしもその方のようになりたいと思っています。