Message

メッセージ

株式会社インター・ベル 代表取締役社長

田中 克典 Katsunori Tanaka

2013年12月25日にインター・ベルは東証ジャスダック上場企業の株式会社クリーク・アンド・リバー社の子会社となり、C&Rグループの一員となりました。

C&Rグループの統括理念『人の能力は無限の可能性を秘めています。私たちはその能力を最大限に引き出し、人と社会の幸せのために貢献します。』がインター・ベルがこれまで取り組んできた、アパレル販売職を成長させて、様々なキャリアの可能性を作っていきたいという想いと共鳴でき、根底の部分が同じであるという判断からグループの一員になり、更なる成長を遂げていこうと思い、決断をしました。

これまでのインター・ベルのいいところは活かしつつ、C&Rグループのこれまで培ってきた経営資産、ネットワークを最大限に活かし、スピードを上げて更なる成長をめざし、精進してまいります。

2014年はこれまでにないチャレンジをしています。2008年から新卒採用を行ってきており、その社員たちが著しく成長し、次世代のインター・ベル幹部候補生として頭角を現しつつある中、これまで一桁人数だった新卒採用を現時点で50名の入社が決まり、さらにその人数を増やすつもりです。

またそういった人財が即戦力として活躍できるよう2014年の8月から販売職としての研修もスタートさせ、2015年の4月には経験を1〜2年積んだレベルに成長させて、ニーズのあるクライアント様に派遣していきます。

アベノミクスの効果もあり景気が上向く中、若者は減少傾向にあります。アパレル業界の慢性的な人不足も加速し、人材確保にクライアント様が苦戦する中、インター・ベルでは新卒採用した社員をできる人財レベルに育て派遣をするという独自のサービスを始め、クライアント様の人財ニーズに応えていきます。

さらにはこれまでのリテールプロデュース(販売代行業)に加え、催事代行、アパレル販売コンサルタント派遣、VMDコンサルティング、接客・販売研修、ミステリーショッパーサービスなど、アパレル業界の店頭における様々なニーズに応えるべく、サービス内容も充実してきております。

"魅力的な店頭をプロデュースできる人財"を育て、タイムリーに提供できる体制が整ってきました。

人財育成に関しては、アパレル販売職に特化した教育制度ベル販売研修、検定制度に加えて、接客英会話講座、手話講座、マナー講座も充実させて、2020年に向けて日本人の素敵なおもてなしを外国語や特殊言語でも提供できるようにしてきております。 弊社の社員の中から、百貨店様で英語が話せる証である"ENGLISH バッチ"の着用を認められた事例も出てきております。

我々は企業理念である『おもてなしの心で人々を幸せに!』をこれまでも大切にし、これからも大切にしながら、スキルを磨くだけでなく、おもてなしの心も磨くことによって、"魅力的な店頭を想像できるプロフェッショナル"を業界に排出し続けていきます。1人でも多くのプロフェッショナルの方と出会い、生涯関わり、その結果一つでも多くのブランド、企業様の価値向上に貢献できることを望んでおります。その先には日本のブランドを世界へ羽ばたかせていく夢を実現していきます。