INTER BELLE GUIDE TOUR 5分で分かるインター・ベル
INTER BELLE INC.の“BELLE”フランス語で「すばらしい」の意で、多様な社員のすばらしい個性と心がつながっていくことを意味しています。私たちは人と人とのつながりを大切にし、常に相手を敬い、思いやり、人の可能性を信じて、共育に力を入れ、人として成長し続けています。相手に満足してもらいたいという心を核心部分
とする “おもてなしの心で人々を幸せに”は当社の普遍的な理念です。
インター・ベルはファッションライフスタイル業界に特化して4つの事業を展開する、リテール総合支援企業です。2005年東京都新宿区で現代表の田中克典が創業しました。現在、東京・大阪・名古屋に3拠点があり、社員数は236名です。なんといっても、「販売のスペシャリストとして最高の接客
を目指す」ことに特徴があります。
インター・ベルとは 4つの事業 エージェント業務 エージェント業務はファッション・アパレル業界で活躍するプロフェッショナルのスキルやキャリアと、クライアントの多面的なニーズを、派遣・紹介または請負という形態で結びつけるサービスです。 販売運営代行業務 1店舗に対して、企業様のスタッフも入るお店に弊社のスタッフも入るのがアパレル販売コンサルタント派遣業務に対して、店舗のすべてのメンバーを弊社のスタッフで構成するサービスが販売運営代行業務と言います。 店舗コンサルティング業務 売り上げを伸ばせないブランドや店舗の立て直しや、新規ブランドや店舗の基礎作り、店長、スタッフの方々の育成から顧客管理、集客などの支援をします。 催事代行業務 単なるイベント向けスタッフの派遣にとどまらず、ブランドの価値を上げ、売上を上げることができるチームで運営するサービスです。
だから、インター・ベル 社員と社長の距離が近い! とある平日の夜には、社員が食卓を囲み笑顔が溢れる時間があります。誕生日を迎えた社員の合同誕生日会や、年末に開催されるYear End Partyなど、社員同士が様々な枠を超えて交流する場を社長自らが企画。「社員が自発的に意見を出せるような環境でないと、会社は続かない」との考えから、社長が歩み寄ることで、自由に意見を言いやすい職場作りに取り組んでいるのです。
だから、インター・ベル 入社後の教育に力を入れる! 大切なのは、採用してからの社員の教育です。社長は「送り出した後が勝負。その売り場はもちろん、 本社の人々も巻き込んで協力してもらう」手法を徹底することを宣言しています。「ブランドを広め、売り上げを増やすのは、取引先も自分たちにとっても同じミッション」だと考えているから、教育に力を入れるのです。なかでも販売というお仕事は誰でもできそうに思われがちなのですが、お客様と出会って初めて始まるプロの技があると確信しています。スキルだけでなく、おもてなしの心も磨くことによって“魅力的な店頭を創造できるプロフェッショナルを輩出し続けていきます。
だから、インター・ベル すごい教育“ベル検定” 「優秀な販売員の持つ、そのライブ感の裏づけや根拠を“視える化”」しながら、さらに向上できるように「バックアップ体制を整える」のが社長の方針です。そのために独自に設けた検定が「ベル検定」です。「自学・自習が大事とは言え、扱う素材も進化するし、トレンドも変化する。常に変わり続ける時代に合わせた接客スキルを身につける」ことを目的とし、筆記やロープレ、面談などを重ねながら、年に1度の試験で1~7級までを目指せる仕組みです。飛び級などもあり、「もっと成長したい」と、やる気を引き出すことも多く、5年も続けると、店長クラスで相当な実績を出すようになります。
とにかく「やる気があればチャンスが拡がる会社」といえます。社員の言葉を借りれば…「英語などのスキルアップに手厚い」「子育てに優しい」「若い人財を抜擢する」「様々な環境にチャレンジすることができる」「自分の努力次第でいろんな経験をすることができる」など、キャリアとスキルの可能性が無限にあります。
可能性という服を着よう チームワークの秘密 本社でひと月に2回ずつ、朝礼があります。普段、本社と店舗もしくは店舗間の社員とはなかなか会う機会は少ないので、ここでは多くの社員同士がコミュニケーションを図ることができます。時間や体力の負担を伴いますが、代表のコメントなどを通じ、ともに戦うチームとしての存在や誇りを確認し、悩みや課題を解決し、今後の自分に思いを馳せるとても貴重な時間になります。

INTER BELLE INC.の“BELLE”

フランス語で「すばらしい」の意で、多様な社員のすばらしい個性と心がつながっていくことを意味しています。私たちは人と人とのつながりを大切にし、常に相手を敬い、思いやり、人の可能性を信じて、共育に力を入れ、人として成長し続けています。相手に満足してもらいたいという心を核心部分 とする “おもてなしの心で人々を幸せに”は当社の普遍的な理念です。

インター・ベルとは

インター・ベルはファッションライフスタイル業界に特化して4つの事業を展開する、リテール総合支援企業です。2005年東京都新宿区で現代表の田中克典が創業しました。現在、東京・大阪・名古屋に3拠点があり、社員数は236名です。なんといっても、「販売のスペシャリストとして最高の接客 を目指す」ことに特徴があります。

インター・ベルとは

4つの事業

エージェント業務

エージェント業務はファッション・アパレル業界で活躍するプロフェッショナルのスキルやキャリアと、クライアントの多面的なニーズを、派遣・紹介または請負という形態で結びつけるサービスです。

販売運営代行業務

1店舗に対して、企業様のスタッフも入るお店に弊社のスタッフも入るのがアパレル販売コンサルタント派遣業務に対して、店舗のすべてのメンバーを弊社のスタッフで構成するサービスが販売運営代行業務と言い ます。

店舗コンサルティング業務

売り上げを伸ばせないブランドや店舗の立て直しや、新規ブランドや店舗の基礎作り、店長、スタッフの方々の育成から顧客管理、集客などの支援をします。

催事代行業務

単なるイベント向けスタッフの派遣にとどまらず、ブランドの価値を上げ、売上を上げることができるチームで運営するサービスです。

だから、インター・ベル

社員と社長の距離が近い!

とある平日の夜には、社員が食卓を囲み笑顔が溢れる時間があります。誕生日を迎えた社員の合同誕生日会や、年末に開催されるYear End Partyなど、社員同士が様々な枠を超えて交流する場を社長自らが企画。「社員が自発的に意見を出せるような環境でないと、会社は続かない」との考えから、社長が歩み寄ることで、自由に意見を言いやすい職場作りに取り組んでいるのです。

だから、インター・ベル

入社後の教育に力を入れる!

大切なのは、採用してからの社員の教育です。社長は「送り出した後が勝負。その売り場はもちろん、 本社の人々も巻き込んで協力してもらう」手法を徹底することを宣言しています。「ブランドを広め、売り上げを増やすのは、取引先も自分たちにとっても同じミッション」だと考えているから、教育に力を入れるのです。なかでも販売というお仕事は誰でもできそうに思われがちなのですが、お客様と出会って初めて始まるプロの技があると確信しています。スキルだけでなく、おもてなしの心も磨くことによって“魅力的な店頭を創造できるプロフェッショナルを輩出し続けていきます。

だから、インター・ベル

すごい教育“ベル検定”

「優秀な販売員の持つ、そのライブ感の裏づけや根拠を“視える化”」しながら、さらに向上できるように「バックアップ体制を整える」のが社長の方針です。そのために独自に設けた検定が「ベル検定」です。「自学・自習が大事とは言え、扱う素材も進化するし、トレンドも変化する。常に変わり続ける時代に合わせた接客スキルを身につける」ことを目的とし、筆記やロープレ、面談などを重ねながら、年に1度の試験で1~7級までを目指せる仕組みです。飛び級などもあり、「もっと成長したい」と、やる気を引き出すことも多く、5年も続けると、店長クラスで相当な実績を出すようになります。

可能性という服を着よう

とにかく「やる気があればチャンスが拡がる会社」といえます。社員の言葉を借りれば…「英語などのスキルアップに手厚い」「子育てに優しい」「若い人財を抜擢する」「様々な環境にチャレンジすることができる」「自分の努力次第でいろんな経験をすることができる」など、キャリアとスキルの可能性が無限にあります。

チームワークの秘密

本社でひと月に2回ずつ、朝礼があります。普段、本社と店舗もしくは店舗間の社員とはなかなか会う機会は少ないので、ここでは多くの社員同士がコミュニケーションを図ることができます。時間や体力の負担を伴いますが、代表のコメントなどを通じ、ともに戦うチームとしての存在や誇りを確認し、悩みや課題を解決し、今後の自分に思いを馳せるとても貴重な時間になります。